子供と一緒に家庭学習

小学生の子供が家庭で取り組む学習内容をご紹介!

【お金の教育】子供のためのお金の本(厳選5冊+α)【お金の知識は大切】

子供のためのお金の本

子供には将来、お金と上手に付き合えるようになってほしい。だから、
「子供でもわかるお金の本はないかな。」
「子供と一緒に読めるお金の本があったらいいな。」
「本を使ってお金について教えたいな。」
と考えている方に向けて、下記の内容でお話します。

 

記事内容(もくじ)

 

私には現在小学2年生の子供がいます。

自分がファイナンシャルプランナーの資格を取得したことで、子供にも小さいころからお金の教育は必要だと思い、子供と一緒にお金について勉強しています。

 

その中で子供が読んでいる本、子供向けのお金の本をご紹介します。

 

大人がお金の知識を再確認するための本も紹介しています。
>>【厳選5冊】子供へのお金の教育方法がわかる本

 

子供のためのお金の本【5冊】

子供がはじめてお金について知る上で役に立つ本を5冊ご紹介します。

いずれの本も小学生向けに書かれている本ですが、大人でも読み応えのある内容になっておりますので、お子さんと一緒にぜひ楽しく読んでください。

  • 池上彰のはじめてのお金の教科書

    お金の歴史、お金の流れや使い方、銀行の話などお金に関する知識をひとおとり知ることができる本です。
    「お札の顔はどうやって決まるの?」とか「お札に最も多く登場した人は誰だろう?」というトピックスなど子供にとって楽しく学べる内容となっています。池上彰さんの本というだけあって、わかやすくお話してくださるので、低学年の我が子もすんなりと読むことができました。

  • 10歳から知っておきたいお金の心得〜大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方

    税金や社会保障、資産運用についてもしっかり書かれています。経済のことが学べる本といってもよいでしょう。
    10歳からとなっていますが、大人も一緒によみ説明してあげれば10歳前でも理解できると思います。

  • 大人になるまえに知っておきたいお金のこと


    お金の用語がわかりやすく説明してある本です。
    小学生の中学年から高学年向けのようですが、低学年からでも大丈夫です。
    年収?マネープラン?クレジットカード?など、気になるお金に関する言葉を理解するのに役立つ本です。

  • ドラえもん社会ワールド お金のひみつ

    マンガで読みやすくなっているだけでなく、合間に書かれている文章でしっかりとお金について説明がされています。特別コラムに出てくる内容は大人もはじめて知ることが多いかもしれません。 

>>幼児も楽しくお金の勉強ができる本

  • お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編

    学研から出ている幼児向けのドリルで「お金」について学ぶことができます。
    我が子も幼児期に購入して取り組みましたが、非常に楽しく取り組めました。
    付属のお金カードはドリルを終えた後も、日ごろのお買い物ごっこで大活躍しました。
    また、子供からみたらお金を払わず買い物ができる魔法のカード「クレジットカード」についても学べます。

 

子供が中高生になったら読んでおきたいお金の本【3冊】

ここからは中学生以上そして親である私たちも学べる本をプラスで3冊ご紹介します。

いずれも読んでいただきたい本ばかりです。

  • 14歳からのお金の話


    上記でご紹介した池上彰さんが14歳以降の子供向けに書かれた本です。お金の歴史からはじまり金融機関についての説明、需要と供給など経済に関する内容も説明されています。
    また、お金に関する社会で起きた問題点なども取り上げられ、大人も一緒に学ぶことができる一冊となっています。

  • お父さんが教える 13歳からの金融入門


    生まれた時からお金がかかわっていること、これから先もお金は切っても切り離せない物であることを理解し、どのように接していけばよいのかを教えてくれる金融の入門書です。  

  • アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

    アメリカではお金の教育がしっかりとされているとよく聞きますよね。どの程度のお金の知識をアメリカの高校生が学んでいるのかを知られるだけでなく、社会に出た時に私たち大人が「お金についてしっておけばよかった。」と同じ思いをしなくてすむように、しっかりとお金について学ぶ上で参考になる本です。

お金の本を読んだら親が子供とするべきこと

池上彰のはじめてのお金の教科書

本を読んでただインプットするだけでなく、子供が実践できるように機会をあたえてサポートしていくことが必要だと思います。

 

以下の3つは私が子供としているお金の使い方実践編です。

  • 決められた金額の範囲で買い物をする。(幼児・低学年)
    →スーパーで必要なものを必要なだけ買うことができるか

  • 貯蓄をしてみる。(小学生)
    →お小遣いを使い切るのではなく、お金を貯められるか。

  • 銀行に預けると金利がつくことを体験する。(小学生)
    金利の計算、その際の税金について理解できるか。

 

年齢をみて投資などにもチャレンジしてみたいと思います。それをサポートするには親もお金の勉強が必要ですが、子供と一緒にステップアップしていきたいですね。

 

子供にお金の話というと、よい印象を持たない人もいるかもしれません。
しかし、お金についての知識を知っていることは、消費社会の中で生きていくにはとても心強いことになると私は信じています。

 

私と同じように「はやくお金のことを勉強しておけばよかった。」なんて思ってほしくない。その気持ちを子供に伝えられればと思っています。

 

子供が楽しくお金について学べるようにサポートしましょう!

 

 

>>我が家のお金の教育(実践内容)